第60代

トレーナー

和氣大貴

法学部政治学科4年

新しいスポーツへの挑戦

 大学入学後今まで経験したことのないスポーツを経験したいと思い、いろいろな体育会を検討、見学していました(スキー、ボート、ラクロスとか…)。それぞれのスポーツに魅力を感じていてかなり迷ったのですが、その中で見たアーチェリーの弓のカッコよさ、新歓担当の先輩の熱意に惹かれ入部しました。

 現在は選手兼トレーナーとして競技をしつつ、部員のフィジカル管理、トレーニングメニュー作成、指導を行っています。

 一見筋力が必要ないのでは?と思われがちなアーチェリーですが、競技で使う弓はとても重くかなりの筋力が実は必要です。(初心者だとほとんどの人競技用の弓は引けないかもしれません、自分もそうでした)。その為、重い弓を引きこなすことのできるパワーと、最長70M先もの的をぶれなく射抜くことのできる精密な動きを実現することのできるようなトレーニング指導を心掛けています。

 また自分自身部で活動する上で心掛けていることは、自身が出すことのできる独自の価値を追求、部で発揮することです。それぞれがそれぞれの得意なこと、出来ることを最大限伸ばすことでチーム力の向上、部として結果を出すことにつながると考えています。

 堅いことを書き連ねましたが、普段は時に厳しく、時に楽しく充実した洋弓部生活を送っていますよ!!

 

新歓トップ/新着情報

​部活の紹介

練習について

新歓情報/SNS

​Q&A

インタビュー

座談会

オフの日はウエイトをしたり、同期や後輩と出かけたりすることが多いです。長期オフには部員と車で旅行に行くことが多いです。普段から縦割り班で一緒に練習することが多いので、先輩後輩の縦のつながりが強いのが魅力ですね。

  • Twitterの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円

© 2019 Keio Archery. All Rights Reserved.