​主将挨拶

慶應義塾​體育會洋弓部 

第62代主将 門矢和真

 この度、慶應義塾體育會洋弓部 第62代主将を務めさせていただくことになりました、商学部商学科3年の門矢和真と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 先日行われました王座決定戦において、第61代男子チームは予選ラウンド14位という結果に終わり、オリンピックラウンドにすら進めず、つま恋を去ることとなりました。これまで培ったチーム力の集大成を発揮すべき舞台での惨敗は、全国の強豪校との実力差をまざまざと見せつけてくれました。当然のことながら、この実力差は努力差も含むものであったと猛省をしているところであります。
 第62代チームでは“王座優勝”を掲げ、目標達成の為のスローガンとして「猛攻」の二文字を設定しました。
現時点でのチーム力では目標としては大変おこがましく、絵空事に過ぎないとの受け止めが太宗を占めることは重々承知をしております。ですが、私どもは本気です。定めたこの目標に向かい、その大きさに相応しい努力をチームの一人ひとりが愚直に積み上げていき、そして、必ずや来年、聖地つま恋にて、チーム全員で大いに泣き笑いたいと思います。
 最後になりますが、日頃より私どもの活動を温かく見守ってくださっている皆様におかれましては、今後とも、変わらぬご支援ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願いいたします。皆様への感謝の気持ちを忘れず、王座優勝という形で表すことが出来るよう、日々、精進して参ります。

 

慶應義塾

體育會洋弓部

TEL: 045-561-9861(直通)

​洋弓部部室:

〒223-0061 

横浜市港北区日吉4-1-1蝮谷

部活案内
新入生の方へ
​高校洋弓部
​その他
  • Twitterの - 灰色の円
  • Facebookの - 灰色の円

© 2019 Keio Archery. All Rights Reserved.